The Power / Naomi Alderman * 日本でぜひThe Powerを読んでほしい理由 Why I want people in Japan to read it.

Processed with VSCO with c1 preset

The Powerの記事へのアクセス数が増えています。せっかくなので、もう少しこの本について書いてみようと思いました。

My review of The Power is getting many viewers these days. I would like to take this great opportunity to write more about this book.

私はこの本の大ファンで、とにかくみんなにこの本を読んでほしい。この本が投げ掛けるメッセージを受け取って、自分のものとして考えてほしいなと思っています。

I am a big fan of this book, The Power. I want everyone to read this book, and to get across the message that this book is trying to spread.

先日、3月8日は国際女性デーでした。

8th of March was International Women’s Day.

世界中の女性たちが手を取り合って、これまでの活動と、女性たちのこれからを考える機会のはずなのに、日本では少し悲しくなってしまう言論を多々見かけました。

It must be the day for everyone to think about the progress and the future of women, hand in hand. However, I have seen so many opinions that made me so sad.

特に気になったのが、こちらの発言。

In particular, one of the famous TV stars in Japan, Fifi-san, Tweeted about Gender equality in Japan.

機会は平等に与えられるべきだけど、教育や雇用の面で、日本は既にそれをクリアしてるから、そんなにジェンダーフリーを声高に叫ばれても何を目指してんのか正直ピンとこないんだよね。性差がある以上ジェンダーフリーなんてあり得ないし、性差の上の役割分担は生物学的に極めて自然な事じゃないかな。


女を大切にできる男は好きだが、それを当たり前と思う女は大嫌いだ



(Fifi-san’s Tweets’ Translation)

Opportunities should be equally given to everyone, but in the case of Japan, they have already achieved equality in the level of education and job recruitment. So I cannot understand why people are yelling and demanding for a Gender Free society. Because there are genuine difference in sexes, it is impossible to achieve it. It is natural to divide the roles based on biological difference.



I like men who respect women but I hate women who take it for granted. #InternationalWomensDay



You cannot complain that your man said ‘let’s split the bill.’ #InternationalWomensDay

性差がある以上、ジェンダーフリーはあり得ないとか、自然なこととか。言いたいことはわかるけれど。でも、私にとってはすごい違和感。

All these opinions of hers sounded so uncomfortable for me.

私は小さい頃から読書が大好きですが、女の子なんだから、そんなに本を読まなくていいのよって言われたことがある。勉強しても、良いことないよ、って言われたこともある。

Since I was a child, I loved reading. I have been told ‘because you are a girl, reading lots of books is not great’. I have been told, ‘because you are a girl, you don’t have to study that hard.’

日本で平等がクリアしていると、私は思わない。そもそも、自分が好きでやりたいと思うことを、女性だから、女の子だから、または男性だからっていう理由で考え改めさせるような言論がある限り、ジェンダーフリーではない。まだまだクリアできていないと思うんです。

In this context, I don’t think Japan is achieving Gender Free. Just because you are a girl, woman or a man, someone tries to change your ideas, no matter how much you want to do, and like to do. If this kind of speech exists, it is hard to say that a Gender Free society has already been achieved.

このツイートで彼女が軽蔑するような女性。他にも寿退社、とか。専業主婦になりたい、とか。そういうやわらかく甘い言葉が囁かれるのはなぜなのか。そもそもそれって望んじゃいけないの?

She disdained a certain type of women in her Tweets. Maybe, there are some others like women who long to quit their jobs after getting married, or women who want to be housewives. Why do these women exist? Are these bad choices you must not choose?

鶏か卵か。どこから始まったのかわからない、そんな やわらかい女性 を良しとする言論。

Feminine females. It’s like a chicken and egg scenario. Nobody knows how it started.

そういう女性を求めたのは、そういう生き方が未だに多くの女性にとってのメジャーな選択肢であるのは、どうしてでしょう。

Who wanted these women? Why do these choices still attract so many women here in Japan and is actually one of the major options?

次に思い出すのが、#me tooやTIMES UPムーブメントに関する、テレビのコメンテーターの言葉。

The next thing I was reminded of was about the #MeToo and TIMES UP movement.

女優の多くが真っ黒のドレスで登場した今年のゴールデングローブ賞、ある日本のコメンテーターが、いくらムーブメントに意義があっても、あんなに露出したドレス着てたら意味があるんだろうか、そんなことを言っていました。

In this year Golden Globes, actresses wore black dresses to show their support. One Japanese commentator said, on TV, that it is great to support the movement but the fact all these dresses are so revealing spoils it.

痴漢されるのは、誘惑するような服装をしているから。そう言われて育つ女性。私も、注意されたことがあります。

I have been told, if you are groped, it is your fault because you tempted them.

欲情しても、手を出しちゃダメでしょう。手を出す方が確実に悪いのに、どうして着たいものを着てはいけないんでしょう。

Yes, you might be tempted, but it is wrong to grope! The one who touched your body is bad but why do the victims need to be blamed? Why can’t they wear what they want?

これが男女逆だったら?同じこと言うんでしょうか。そんな男らしいセクシーな格好してるからいけないんだって。

What if it is the opposite? Do they blame men who wear sexy clothes?

エマ・ワトソンが雑誌で胸を露出したのは一年前のことです。フェミニストが性をアピールするなんて、と、議論を巻き起こしました。その時、「女性がセクシーであるのはチョイスのひとつ」とエマは言っていました。未だに、この議論は解決していません。

It’s a year ago that Emma Watson was blamed for revealing part of her breasts in a magazine. People said it is wrong for a feminist to use sexual appeal. Emma answered ‘Feminism is about giving women a choice.

だからこそ、今、この本を読んでほしい。

For all these reasons, I want people to read this book, now.

生物学的に男女差があるのは否定しようがない事実です。しかし、この本が描く世界において、その違いの中でも特に顕著である「The Power / 力」が逆転します。

It is true that there are biological differences between men and women. But in this book, the biggest difference – ‘The Power’ – has been reversed.

旅に出かけるたびに、女の子なんだから気をつけなさい、と言われ続けてきた私。「もし」私が男だったら?そんな「もし」を一度でも感じたことがある皆さんに、読んでほしい。

Whenever I travel, everyone worries about me because I am a woman. ‘What if’ I was a man? For all the people who have ever felt these kinds of ‘what ifs,’ I recommend this book.

決して堅苦しい本ではないからこそ、創造力を掻き立てられるのではないでしょうか。

This book is not a hard political book to read. So that your imagination will be broadened.

翻訳の出版が待ち遠しい。

(2018年7月5日追記)この秋、河出出版から日本語版ついに出ます!!!

1 thought on “The Power / Naomi Alderman * 日本でぜひThe Powerを読んでほしい理由 Why I want people in Japan to read it.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *