mikitravelgram

Posts by this author:

(Book Review / 感想) Villa Triste / Patrick Modiano

Flamboyant but very quiet writing. 静かな印象なのに、どこか華やかで、でも寂しい世界観。 Glittering and sparkling while you can also feel sadness, like the feeling you must have reading ‘Great Gatsby.’ キラキラしたものの中に垣間見る悲しさは、まるで「グレート・ギャツビー」。 This book is to enjoy the scene and feel rather than the plot. I found so many descriptions I really liked. Somehow, this book made me nostalgic that I just want to think about my childhood days and those places I have visited, especially subtle feeling of texture, scent and sound that I remembered deep in my memory. ストーリーよりも、文章が醸し出す空気感を味わう作品。ステキだなぁと感じる場面、表現とたくさん出会いました。なぜか、自分の子供のころに訪れた場所の、空気や香りなど、感覚を記憶の底の方から呼び起こさせられるような感覚になります。 After finishing this book, I almost felt like I just watched the very beautiful great old film. 読後感はまるで、壮大な古い映画を一本み終えたような、すごくいい心地でした。 4/5 古いですが、日本語訳版もあります。

Share:

(Book Review / 感想) The Handmaid’s Tale / Margaret Atwood

Soooo many of my friends recommended me to read this book. かなり大勢の友人から勧められ続けていたこの一冊。英女優エマ・ワトソンのブッククラブ、Our Shared Shelfでも課題本に選ばれていたので、気になっていました。 It was on the list of Our Shared Shelf, which is a book club run by Emma Watson to promote feminism. ディストピア系の小説はあまり読んだことがなかったのと、あらすじを読むだけでも感じる物語のエグさがひっかかり、ずっと後回しにしていたのです。久しぶりに訪れたDaunt Booksで、先日読んだThe Powerが(こちらもエマのブッククラブで読まれています!)すごくおもしろかったと話したところ、店員さんからかなりの熱意でオススメされたので購入。 I rarely read Dystopia fiction. Especially because this book seemed very creepy, I hesitated to read for a long time. However, the staff at Daunt Books enthusiastically recommended me the book again, after I mentioned that I really enjoyed reading The Power (it’s also on Emma’s Our Shared Shelf). 読んでよかった! I am glad I finally read it! 物語の舞台は人々の「体」が個人の所有物ではなくなった世界。カーストのような階級が、性別と生殖機能によってわけられている。 It is about the world where the body of yours is not in your ownership. There is the…

Share:

Lutyens & Rubinstein @ London * ノッティングヒルのスタイリッシュな書店

Chic and stylish bookshop, located at Notting Hill. シックでスタイリッシュなロンドンの本屋さん! 近くに映画「ノッティングヒルの恋人たち」でヒュー・グラントが働いていた有名な本屋さんもあって、そちらの方が観光客向けではありますが・・・正直、本屋さんとしては全く魅力を感じない。ここ、Lutyens & Rubinsteinは本のセレクションも良いし、売っているグッズ類もおしゃれなのでおすすめできます。 It’s located very close to the bookshop of the famous film, ‘Notting Hill.’ The bookshop where Hugh Grant was working in the film is now became extremely touristy spot. Very unfriendly staff with a boring selection of typically ‘touristy books’ like Winnie the Pooh, Peter Rabbit and Alice… (I love them, of course. But as a bookshop, it is not right.) Lutyens & Rubinstein is just a few minutes from there. It has a great selection of books with friendly and knowledgeable staff!!! お店のデコレーションに本が使われていて、いつかこういうインテリア、挑戦してみたいなぁと、見るたびにうっとり。 The decoration on the ceiling is very beautiful. 私が特に気に入っているのが、地下のスペース。お店のスタッフおすすめの本が、テーブルにぎっしり並べられています。見たことが無いようなタイトルもあって、思わず手にとってしまう。 My favourite spot is in…

Share:

Dee Light Bakery @ London * ロンドン郊外のベーカリーでローカル気分の朝食を

ロンドンは広い。 London is wonderful. Not just limited to ‘central’ London, Suburban London is wonderful too! 観光というと、ほんとうにロンドンの中心にしか行くことはないけれど、ロンドンの「ステキ」は郊外にもたくさんある。むしろ、私にはロンドン郊外のゆったりとした空気のほうが合っていた。 If you are on the sightseeing, the only area you are exploring is ‘central’ London. However, I rather prefer Suburban London where is more cosy and interesting. ロンドン地下鉄で言うとZone 2やZone 3に位置する郊外は、周囲に主な「観光地」はないので、観光でくる場合には少しアクセスが悪いかもしれない。でも、2度目、3度目のロンドンの方にはぜひ、挑戦してみてほしい。魅力いっぱいの郊外で、特に気に入ったのが、ローカル感漂う住宅地にあるカフェやベーカリーだった。 The area I am writing about today is around Zone 2 and Zone 3 on the tube. It is not accessible at all if you are in London for sightseeing. But for those of you who are visiting London for your second or third visits, I would recommend exploring further out from central London to experience the REAL Londoners’ lifestyle. You can find so…

Share:

Bloomsbury Coffee House @ London * ロンドンの学生が集う、秘密基地のようなカフェ

私がロンドン大学時代によく通っていたのがここ!地下に位置するこのお店、ちょっぴり隠れ家的な雰囲気が秘密基地のよう。 My favourite hideaway while I was studying at the University of London! ホーム・メイドな焼き菓子がほっこり、おいしい。バナナブレッドがお気に入りです。 Home-made pastries and cakes were so tasty. I was a fan of their banana bread 😊 オススメは朝食限定のブリオッシュ・フレンチ・トースト。シナモンパウダーがほどよく効いていて、メイプルシロップもたっぷりと。 I loved their morning menu. Especially the brioche french toast with maple syrup and cinnamon powder on top!!! 😉 かなり狭いお店なので、お昼時に席をみつけるのは難しいかも。朝はすいていることが多いので、ラップトップや本を持参し、のんびり過ごすのにおすすめです。ガイドブックを見ながら一日の計画をたてるのにもぴったり。Wifiがあるのもポイント高い。(お店のスタッフさんにパスワードを教えてもらうタイプなので、声をかけてみてください) It’s such a small place with limited numbers of seats available. Finding a table during the lunchtime might be hard. I often visited there in the early morning with my laptop (Free Wifi available!!!) and readings. You can spot many students working as well. Always quiet and cosy. Bloomsbury Coffee House They have student discount!!! 学生割引あります!

Share:

The Courtauld Gallery @ London * 印象派の名画が揃う、宝石箱のような美術館

ロンドン観光のメインにあたる、ナショナル・ギャラリーや大英博物館から、徒歩の距離に位置するにもかかわらず、あまり観光客が訪れていない穴場スポット。外観も美しい、サマーセット・ハウスの一角にある、小さいけれど充実した美術館です。 Although it’s located in the very centre of the main tourist spots such as the National Gallery and the British Museum, this place is very quiet and cosy. It’s almost like a hidden treasure box, with full of famous paintings and beautifully decorated interior. このスペースでイベントを開催したりもしているので、要チェック。 私が訪れたのは気候のいい7月。この噴水で遊んでいる人も大勢いました。 As it is part of Somerset House, you might want to check the events before you visit! 有名な絵画がたくさんあるこの美術館、内観もうっとりしてしまうほどきれい。 幼いころ好きだった、このドガの踊り子の1枚。ここにあるとは知らず、見つけた時にはびっくりしました。やわらかい雰囲気がすごくかわいいこの絵も、比較的すいているこの美術館ではひとりじめ、じっくり時間をかけて見ることができました。 This painting of Degas has been my favourite when I was a child. I was so surprised to find this because I did not know that this gallery owns this. As this place is not crowded, I could take as much time as I wanted…

Share:

(Book Review / 感想) The Remains of The Day / Kazuo Ishiguro

ノーベル賞を受賞し、日本でもその名が一気に知れ渡ったカズオ・イシグロ。ずいぶん前にNever Let Me Go(日本語版は「わたしを離さないで」)を英語で読んでいて、すごく気に入っていた作家です。 No need to explain who he is. The Nobel prize winner, Kazuo Ishiguro. I have read ‘Never Let Me Go’ before, and it was one of my favourite books. 今作はブッカー賞を受賞した、代表作。 This one, ‘The Remains of the Day’ is his masterpiece, it won the Booker prize. 静かで、情緒ある言葉の流れや空気感が、彼の作品の特徴だと思うのですが、今作はその言葉遣いと、物語の中の風景がぴったりマッチ。SFチックだったNever Let Me Goとは全く違う。まるで、ドラマ ダウントン・アビーの世界にそのまま入り込んだかのような趣のある世界観。 I think his writing is always quite and elegant in style. As well as very atmospheric and nostalgic. The tone of his writing perfectly matches to the personality of the main character, the old British butler. While I read, I felt as if I was seeing and living in a world of Downton Abbey! 主人公の執事がひたすら ひとり語り…

Share:

Cafe in the Crypt @ London * 教会の地下、お墓の上!?観光地からのアクセスも◎の洞窟風?カフェ

  Tasty and affordable meal in the central London right next to the National Gallery!!! 観光の合間に休憩にぴったりな、リーズナブルでおいしい、ロケーションもバッチリなスポット。ナショナルギャラリーのすぐ真横にあります!ロンドンの中心で、このクオリティ、このお値段は破格です。 It is a bit too crowded during the lunch time, but there is enough seating available, so it’s relatively easy to find seats even during the peak time! お昼時には少々混みあいますが、スペースが広いので席は簡単にみつかる。 The cafe is located in the basement of the church, St Martin-in-the-Fields.  As the name shows, it is in the crypt. lol But it’s surprisingly cosy and has a good atmosphere! St Martin-in-the-Fieldsという教会の地下にあるこのカフェ、足元はお墓!ちょっと洞窟のような空間がユニークです。お墓とは言ってもおどろおどろしいような雰囲気はまったくないのでご安心を。不思議と居心地がいいのがポイントです。 The entrance is the left-hand side of the church, outside. It looks like a glass lift! Lol カフェへの入り口は教会向かって左側、ガラスのエレベーターのような見た目のところ。(みればきっとすぐわかります!教会の建物の外、左側です。) My favourite is crème brûlée served during the tea time. The hot meal set…

Share:

About the Ratings! * 本の評価について

I have been asked how I rate the books on review posts. It’s very simple. My ratings are based on ‘how much I love this book.’ レビュー時の本の評価について質問があったので、ここで解答しておこうと思います。 とってもシンプルに、「私がその本をどのくらい好きか」で評価しています。 Many book bloggers rate books considering how much they can ‘recommend’ that book. But I am not doing that. How much I like the book is not equal to how much I recommend the book. Here are reasons why. 書評ブロガーさんの中には「おすすめ度」でレートしている方もいるかと思うのですが、以下の理由で私は「お気に入り度=おすすめ度」ではないと思っています。 One reason is that I have various readers in mind writing the blog posts since I write this blog both Japanese and English. It is hard to ‘recommend’ books written in English to people who might not read English at all, or…

Share:

(Book Review / 感想) The Underground Railroad / Colson Whitehead

Since this book was the winner of the Pulitzer Prize for Fiction 2017, and also I love historical fiction, my expectation was very high. That perhaps caused it not satisfying enough. 2017年ピューリッツァー賞を受賞しているし、私の好きな歴史小説もの。かなり期待して読み始めました。だからでしょうか、あまり好きになれなかった1冊。 The story is about the slavery and the journey to escape from the plantation. The underground railroad appears in the story is based on the real secret network that saved so many of the lives in history, but developed with a little bit of imagination to fit into a fiction style. アメリカの奴隷制と、その奴隷逃走の物語。「地下鉄道」が登場するのですが、そのアイディアは実際に存在した「The Underground Railroad」という秘密組織ネットワークをベースにつくられたもの。でも、この本の中では決して史実に忠実というわけではなく、創作が含まれています。 Some part of the book was interesting, such as the depiction of the railroad and the atmosphere/scenery in the different areas in the US.…

Share:

(Book Review / 感想) The Power / Naomi Alderman

It is always the struggle not to spoil any important bits of the story while I review the book I especially enjoyed. ネタバレしないようにレビューするのって本当に難しい。自分が心からおもしろいと思った本は特に! Since I rarely read science fiction, I was not very keen on choosing this book when I found it ranked 3 for fiction ranking at Foyles. But something took my attention and decided to give it a try. Surprisingly, I loved this book so much that I even forgot to sleep! サイエンスフィクションは、私の好きなジャンルではないので、ロンドンの書店Foylesでこの本がランクインしていた時も、そんなに心ひかれてはいませんでした。でもなぜか、ふと手に取ってみたこの1冊。大当たり。眠る間すら惜しんで一気に読みました。 It is the story of the world where women obtained the electric power. With their new ability, they became physically stronger than men, altering the world’s power balance upside down. この本で描かれるのは、女性が特別な力を持った世界。身体的に女性が強くなった社会において、いわゆる「伝統的な」社会における、男性が強いという力関係が反転します。 This setting made me…

Share:

(Book Review / 感想) ピンヒールははかない / 佐久間 裕美子 

女性の生き方って難しい。 Being women is difficult, especially here in Japan. 「自分らしさ」とか「ありのまま」を謳う広告やメディア、物語が増えてはきたけれど、実際に何のしがらみもなく「私」をおもいっきり出せる状態なんて、ありはしない。人生の選択肢は年々増える一方なのに、結局、子供を産むことや、男性をたてることを望まれるし、「かっこいい」女性は敬遠されがち。「新しい生き方」と呼ばれるものは、今でも難しい選択であることに変わりはない。 Although the social awareness regarding the women issues is raising these days, it is still impossible for me to be 100% ‘myself’ in public here in Japan. In the end, the society always praises ‘the mothers’ who sacrifice their career, those girly women who ‘RESPECT’ men, and the KAWAII, skinny, delicate fashion with spike heels. Every day, subconsciously, I am pretending to play a role of ‘woman’ and compromising the way I behave and act. All those ‘new women’ are still rare species here. 海外に行ったら、もっと広くて寛容な世界が広がっているに違いないと、あまちゃんな私は信じていたのですが… 現実はそう甘くないのよと、そっと教えてくれた本です。 I have believed that the world is broad and there is more liberal and…

Share:

Looking for Something?