mikitravelgram

Posts by this author:

(Book Review / 感想) The Remains of The Day / Kazuo Ishiguro

ノーベル賞を受賞し、日本でもその名が一気に知れ渡ったカズオ・イシグロ。ずいぶん前にNever Let Me Go(日本語版は「わたしを離さないで」)を英語で読んでいて、すごく気に入っていた作家です。 No need to explain who he is. The Nobel prize winner, Kazuo Ishiguro. I have read ‘Never Let Me Go’ before, and it was one of my favourite books. 今作はブッカー賞を受賞した、代表作。 This one, ‘The Remains of the Day’ is his masterpiece, it won the Booker prize. 静かで、情緒ある言葉の流れや空気感が、彼の作品の特徴だと思うのですが、今作はその言葉遣いと、物語の中の風景がぴったりマッチ。SFチックだったNever Let Me Goとは全く違う。まるで、ドラマ ダウントン・アビーの世界にそのまま入り込んだかのような趣のある世界観。 I think his writing is always quite and elegant in style. As well as very atmospheric and nostalgic. The tone of his writing perfectly matches to the personality of the main character, the old British butler. While I read, I felt as if I was seeing and living in a world of Downton Abbey! 主人公の執事がひたすら ひとり語り…

Share:

Cafe in the Crypt @ London * 教会の地下、お墓の上!?観光地からのアクセスも◎の洞窟風?カフェ

  Tasty and affordable meal in the central London right next to the National Gallery!!! 観光の合間に休憩にぴったりな、リーズナブルでおいしい、ロケーションもバッチリなスポット。ナショナルギャラリーのすぐ真横にあります!ロンドンの中心で、このクオリティ、このお値段は破格です。 It is a bit too crowded during the lunch time, but there is enough seating available, so it’s relatively easy to find seats even during the peak time! お昼時には少々混みあいますが、スペースが広いので席は簡単にみつかる。 The cafe is located in the basement of the church, St Martin-in-the-Fields.  As the name shows, it is in the crypt. lol But it’s surprisingly cosy and has a good atmosphere! St Martin-in-the-Fieldsという教会の地下にあるこのカフェ、足元はお墓!ちょっと洞窟のような空間がユニークです。お墓とは言ってもおどろおどろしいような雰囲気はまったくないのでご安心を。不思議と居心地がいいのがポイントです。 The entrance is the left-hand side of the church, outside. It looks like a glass lift! Lol カフェへの入り口は教会向かって左側、ガラスのエレベーターのような見た目のところ。(みればきっとすぐわかります!教会の建物の外、左側です。) My favourite is crème brûlée served during the tea time. The hot meal set…

Share:

About the Ratings! * 本の評価について

I have been asked how I rate the books on review posts. It’s very simple. My ratings are based on ‘how much I love this book.’ レビュー時の本の評価について質問があったので、ここで解答しておこうと思います。 とってもシンプルに、「私がその本をどのくらい好きか」で評価しています。 Many book bloggers rate books considering how much they can ‘recommend’ that book. But I am not doing that. How much I like the book is not equal to how much I recommend the book. Here are reasons why. 書評ブロガーさんの中には「おすすめ度」でレートしている方もいるかと思うのですが、以下の理由で私は「お気に入り度=おすすめ度」ではないと思っています。 One reason is that I have various readers in mind writing the blog posts since I write this blog both Japanese and English. It is hard to ‘recommend’ books written in English to people who might not read English at all, or…

Share:

(Book Review / 感想) The Underground Railroad / Colson Whitehead

Since this book was the winner of the Pulitzer Prize for Fiction 2017, and also I love historical fiction, my expectation was very high. That perhaps caused it not satisfying enough. 2017年ピューリッツァー賞を受賞しているし、私の好きな歴史小説もの。かなり期待して読み始めました。だからでしょうか、あまり好きになれなかった1冊。 The story is about the slavery and the journey to escape from the plantation. The underground railroad appears in the story is based on the real secret network that saved so many of the lives in history, but developed with a little bit of imagination to fit into a fiction style. アメリカの奴隷制と、その奴隷逃走の物語。「地下鉄道」が登場するのですが、そのアイディアは実際に存在した「The Underground Railroad」という秘密組織ネットワークをベースにつくられたもの。でも、この本の中では決して史実に忠実というわけではなく、創作が含まれています。 Some part of the book was interesting, such as the depiction of the railroad and the atmosphere/scenery in the different areas in the US.…

Share:

(Book Review / 感想) The Power / Naomi Alderman

It is always the struggle not to spoil any important bits of the story while I review the book I especially enjoyed. ネタバレしないようにレビューするのって本当に難しい。自分が心からおもしろいと思った本は特に! Since I rarely read science fiction, I was not very keen on choosing this book when I found it ranked 3 for fiction ranking at Foyles. But something took my attention and decided to give it a try. Surprisingly, I loved this book so much that I even forgot to sleep! サイエンスフィクションは、私の好きなジャンルではないので、ロンドンの書店Foylesでこの本がランクインしていた時も、そんなに心ひかれてはいませんでした。でもなぜか、ふと手に取ってみたこの1冊。大当たり。眠る間すら惜しんで一気に読みました。 It is the story of the world where women obtained the electric power. With their new ability, they became physically stronger than men, altering the world’s power balance upside down. この本で描かれるのは、女性が特別な力を持った世界。身体的に女性が強くなった社会において、いわゆる「伝統的な」社会における、男性が強いという力関係が反転します。 This setting made me…

Share:

(Book Review / 感想) ピンヒールははかない / 佐久間 裕美子 

女性の生き方って難しい。 Being women is difficult, especially here in Japan. 「自分らしさ」とか「ありのまま」を謳う広告やメディア、物語が増えてはきたけれど、実際に何のしがらみもなく「私」をおもいっきり出せる状態なんて、ありはしない。人生の選択肢は年々増える一方なのに、結局、子供を産むことや、男性をたてることを望まれるし、「かっこいい」女性は敬遠されがち。「新しい生き方」と呼ばれるものは、今でも難しい選択であることに変わりはない。 Although the social awareness regarding the women issues is raising these days, it is still impossible for me to be 100% ‘myself’ in public here in Japan. In the end, the society always praises ‘the mothers’ who sacrifice their career, those girly women who ‘RESPECT’ men, and the KAWAII, skinny, delicate fashion with spike heels. Every day, subconsciously, I am pretending to play a role of ‘woman’ and compromising the way I behave and act. All those ‘new women’ are still rare species here. 海外に行ったら、もっと広くて寛容な世界が広がっているに違いないと、あまちゃんな私は信じていたのですが… 現実はそう甘くないのよと、そっと教えてくれた本です。 I have believed that the world is broad and there is more liberal and…

Share:

John Sandoe Books @ London * 本棚ごとほしくなってしまうロンドンの本屋さん

I wished I could stay in this bookshop forever. John Sandoe Books has this very intellectual atmosphere that you want to own every book they have on their shelves. Small two floored bookshop make you feel like you are entering very bookish friend’s house full of books! ここに住めたらいいのに!と思ってしまった本屋さん。ジョン・サンドーブックスは、ここにある本棚をまるごと!端から全部、欲しくなってしまうような知的な空気で満ちているところ。2階建ての小さな本屋さんは階段にまで本がたくさん。まるで本好きな誰かのお家に遊びに来たような感覚になります。 I have been asking for recommendations whenever I visit bookshops. Briefly mentioning what I just finished reading and what I have enjoyed throughout my bookish life. 私は、いつもはじめて行った本屋さんでオススメの本を尋ねるようにしています。最近読み終えた本や、今までに気に入った本の話をして、私が好きそうな本を一緒に選んでもらうのです。 It is usually the case that the bookshop tends to recommend same kinds of books I have already enjoyed, but here, they were different. The staff at John Sandoe knows quite well about what they…

Share:

(Book Review / 感想) All the Light We Cannot See / Anthony Doerr

My most favourite book I have ever read 🙂 和書・洋書含め、今まで読んだ本の中で、一番心に残った本です。 Extraordinarily beautifully written. The whole writing sounds like one beautiful dream! Although the setting is at the time during the WWII in France and Germany, I felt the warmth of the story line. とても美しい本です。物語全体が、まるで夢の中のように感じられるやわらかい文章。でも、物語は第2次世界大戦を舞台にしています。それなのに不思議とあたたかいのがこの本のステキなところ。静かで、繊細な文章にぐんぐんひきこまれます。まるでキャラクターと一緒に生きているかのようなリアルさも! Especially with one of the main character, Marie-Laure, the blind girl, you will feel the sound of the bombings and the smell of the room she stays as if you are seeing her in front of you. 特に、2人いる主人公のひとり、盲目の少女Marie-Laure。彼女の聞く暗闇の中の爆撃の音や、彼女の過ごす部屋の匂いまで、まるで彼女が目の前にいるように感じられるよう。 It is rare to find a book like this, that would stimulate the power of imagination. ここまで想像の力を刺激する本、珍しいです。 There are too many books set during the war, and make…

Share:

The Wallace Collection @ London * かわいいがつまった、小さな「邸宅」美術館

  It was just a short walk from the Oxford Street and located on the back of the famous, yellow Selfridges. I have no idea why this place is not so well-known. オックスフォード・ストリートから少し。有名な黄色のデパート「セルフリッジ」の裏側にあるのに、なぜかあまり知られていない、私の大好きな美術館です。 The must-see painting in this museum is, definitely Fragonard’s ‘The Swing’ which is one of the most famous paintings of French rococo style! (Right on the photo) They don’t rent their paintings outside, so this is the only place you can see it! 一番の目玉は、フラゴナールの「ぶらんこ」(写真一番右) ウォレス・コレクションは絵画の貸し出しを一切していないようなので、ロココの代表作でもあるこの作品を見られるのはここだけ! Very KAWAII type of decorations and collections reminded me of the film ‘Marie Antoinette’ by Sofia Coppola. If you liked that film, this place is like a dream come true! ソフィア・コッポラの映画「マリー・アントワネット」の世界から飛び出してきたような展示物や装飾が数多くあるこの美術館。かわいいものを見るのが大好きな人に、心からおすすめします。 The…

Share:

Being a Fake Bilingual * 私の英語について

このブログを日英両方読んでくださっている方は、きっと既にお気付きのことと思いますが、私の英語はかなりテキトーです。笑 Those who have been reading my blog in English must notice already that my level of English is not great. あくまで趣味のひとつとして書いているブログです。文法を細かくチェックしたり、ミスがないようにあまり気をつけてもいないのです。日本語にかけるのと同じくらいの時間しかかけずに書くと、このくらいのレベルの英語になってしまうんですね。 This blog is for fun. I am not taking time to check the grammatical errors and typos since I only put an equal amount of time to write both Japanese and English. Because English is not my mother tongue, the quality of my writing is naturally low. (例えば学校のエッセイ課題とかだったらもっと最初から気をつけて書きますし、提出前には英語をチェックしてもらったりします。) (For example, if this is for the coursework at school, I would be more careful and even ask for proofreading!) このブログの文章は自分が楽しめる程度の努力で、気軽に!書いていきたいと思っています。 It’s just a good practice! 意味は充分通じるし、書くときに苦労もしてないんだけど、ネイティブには到底及ばない… My actual level of English is good enough to make myself understand easily…

Share:

(Book Review / 感想) Americanah / Chimamanda Ngozi Adichie

I currently re-read this now a famous book written by a Nigerian feminist Chimamanda Ngozi Adichie. Very powerful story of a woman who flew to America. Through the life story of the heroin Ifemelu, the reader can experience the struggle of immigrant, race and woman issues. 有名なフェミニストである、ナイジェリア出身のChimamanda Ngozi Adichieさんのこの本を、最近読み直しました。祖国を離れ、アメリカに渡ったパワフルな女性の物語です。ヒロインのIfemeluを通して、移民として女性が生きることの苦労を、人種問題の深さを想像することができます。 I first read this book when I was an undergraduate student a few years back. After the 911, before the Brexit and the Trump administration. The message of this book is vivid and touching even now. Rather, it is more enjoyable reading it right now. この本を初めて読んだのは数年前、大学の学部生の頃。911後の、でもBrexitもトランプ政権もまだでした。この本が持つメッセージは今でも鮮明で、胸を打ちます。むしろ、今読むほうがおもしろいくらいに。 So-called ‘polarisation’ of the US is a hot topic nowadays. The existence of ‘immigrants’, ‘racial…

Share:

H.R. Higgins @ London * ロンドンで一番?の英国王室御用達コーヒー店

The best coffee in London! 私が試した中で、ロンドンで一番おいしかったコーヒーがここ! Always quiet and cosy in the middle of noisy Oxford street. このお店があるオックスフォード・ストリートは観光客も多いショッピングエリアで、いつもかなり賑わっています。歩いているだけで疲れてしまうこともあるくらい。 それなのに、ここはいつも比較的静か!とても小さなスペースですが、あまり知られていないのか、席にも余裕があります。 You can find many locals reading the newspaper and chatting quietly. It is rare to find this comfortable cafe in the central London!!! ゆったり新聞を読んだり、静かにおしゃべりをするロンドナーをみることができる場所、なかなか珍しいと思います。 The cafe is in the basement of the small traditional coffee (and tea) shop where the loyal warrant coffee beans are sold. カフェがあるのはお店の地下。1階では英国王室御用達のコーヒー豆や紅茶を売っています。 とても素敵なパッケージに入っているし、まだ日本ではあまり見ないブランド。お土産にもぴったりだと思います。 Established in 1942, very old. The shop on the main floor has this very authentic atmosphere that I hesitate to take pictures (I just did not want to be a ‘tourist’ lol). So I don’t have one although I visited there so many…

Share:

Looking for Something?