mikitravelgram

Posts by this author:

(Book Review / 感想) Exit West / Mohsin Hamid

In a city far away, bombs and assassinations shatter lives everyday. Yet, even here, hope renews itself, welling up through the rubble. Somewhere in this city, two young people are smiling, hesitating, sharing cheap cigarettes, speaking softly then boldly, falling in love. どこか遠くのある街で、人々は日々、爆弾や暗殺で命を失っている。 しかし、こんなところでも希望は瓦礫の中から湧きあがるもの。 この街のどこかで、2人の若者は笑い、戸惑い、安タバコを共に吸い、柔らかく大胆に、恋に落ちます。 As the violence worsens and escape feels ever more necessary, they hear the rumour of mysterious black doors appearing all over the city, all around the world. To walk through a door is to find a new life – perhaps in Greece, in London, in California – and to lose the old one for ever. 暴力は激しさを増し、とうとう避難が必要になった時、彼らは世界中の街に現れる謎の黒いドアの噂を聞きつけます。 ドアを通り抜ければ、きっと、ギリシャ、ロンドン、カリフォルニアで、新しい生活を手に入れることができます。でも、前の生活は永遠に失うことになるのです。 What does it mean to leave your home…

Share:

The Wren @ London * ロンドンの教会カフェで過ごす贅沢なひととき

When I found this on Instagram, I pinned this spot straightaway on Google map! Instagramで偶然発見し、即Google mapで保存したほど、気になっていたカフェです。 It’s like a hidden oasis in the middle of crowded London. Just a walking distance from famous touristy St.Pauls. It looks very gorgeous on photos, but it was surprisingly cosy. Very spacious and quiet in a good way. It would be a nice place to bring a book/laptop/partner to spend a warm afternoon with. I thought I could stay hours and hours sipping their flavourful coffee. 都会の中のオアシスとでも呼びたくなるような場所。セントポールから徒歩ですぐです。写真で見るととても豪華絢爛にみえますが、実際はとってもやわらかい空気に満ちています。広くて、良い具合の静かさ。本やパソコン、大切な人と訪れて、心地良い午後を過ごしたい時にぴったり。おいしいコーヒーを片手に、何時間でもいてしまいたいような雰囲気です。 Very friendly staff perfected coffee with cute latte art! (Staff told me it’s their new design, practising:-)) スタッフさんが「練習中の新作!」と言って持ってきてくれた、かわいいラテアートも味があってステキ。 My Lorraine quiche tasted so good. As it always…

Share:

Auschwitz-Birkenau Memorial and Museum @ Poland * アウシュビッツ強制収容所を訪れて

ポーランド旅行を計画したのは、実は、アウシュビッツ強制収容所を訪れるためでした。 The reason why I planned a trip to Poland was because I wanted to visit Auschwitz. 小学生の頃にハンナのかばん、中学生でアンネの日記、高校生で夜と霧。読めば読むほど、知れば知るほど、このテーマになぜか心惹かれました。学部やロンドンの修士課程でも、戦後責任や謝罪をテーマに学び、ドイツに関する文献を読みふけりました。 I read Hana’s Suitcase when I was in primary school, The Diary of Anne Frank in junior high school and Man’s Search for Meaning in high school. The more I read about the Holocaust, the more I wanted to know about it. I wrote my dissertation about war responsibility and apology for both my undergraduate and masters degrees’. I read so much about Germany during WWII and the post war period. 悲惨で悲しい歴史だからこそ、読むだけで終わらせず、自分の目で見てみたかった。このポーランド旅行当時、ロンドンで学んでいた私は、キングス・クロスから電車でドイツ、ポーランドを旅したのですが、移動中はKindleに入れた夜と霧を再読。今まで想像するしかなかった光景を実際に目撃するため、心の準備をしていました。 Because it is tragic and sad history, I did not want to just passively read about it. Rather I wanted to see…

Share:

英語の勉強法 * How I learned English

かなり多くのリクエストを頂いた、私の英語の勉強法について書いてみようと思います。 As I have been requested to write about how I learned English, I am going to write some history of my English learning and tips I can share. 何度も申し上げている通り、私の英語はとても中途半端です。イギリスの大学院に正規学生として進学するには十分でしたが、ローカルたちのように、正確な英語を話したり、proof reader(英語の文法や校正ミスのチェックをする人のこと)無しで宿題の論文を書き上げることはできません。このブログで書いている英語も、意味こそ通じますが、読む人が読めば、ネイティブではないこと、決して素晴らしいレベルの英語力を持ち合わせているわけではないことがわかると思います。しかし、以前からバイリンガルとして英会話講師をしたり、翻訳の仕事の経験もあるので、「それなり」の英語力はあると自負しています。 My English is not so great. It was good enough to study masters in London, however, I was unable to finish my essay without help from proofreaders to correct my grammatical errors. I still face difficulty in speaking, I am unable to speak fluently as the other students would do. I am sure that I am making so many mistakes while I am writing this blog post. Although my ability to use English remains just in a ‘Fake Bilingual’…

Share:

(Book Review / 感想) Flights / Olga Tokarczuk

Flights won this year’s Man Booker International Prize. I bought this book when I was just returned from a trip to Poland, even before it’s shortlisted. This chic blue Fitzcarraldo Edition’s cover took my attention at Foyles. Since I was deeply in love with the scenery of Poland, I decided to try something from a Polish author. 「Flights」、今年2018年のMan Booker International Prizeを受賞しました。私がこの本を手にしたのはノミネートされるずっと前、ちょうどポーランド旅行から帰った頃。Foylesで、この青いシックなFitzcarraldo Editionの特徴的な表紙につられて手に取りました。ポーランドの景色の虜になっていた私。ポーランド人作家の描く世界観に興味があり、この本を選びました。 This book was very unique. Although I found this book in the fiction section at Foyles, I was not sure if it was truly a ‘fiction’ novel. Most of the time, I was feeling like reading an academic nonfiction book. But it suddenly changed to a history description, fairy-tale,…

Share:

(Book Review / 感想) Winter/ Ali Smith

Winter is the second book from Ali Smith’s seasonal series. I really enjoyed her first seasonal book, Autumn. I’ve been waiting for so long to get Winter in paperback! I should say I enjoyed Autumn more than Winter, but it does not mean I did not like Winter. Ali Smithの季節シリーズの2作目がこのWinterです。1作目の Autumnがとても良かったので、Winterのペーパーバック版が出るのを待ち遠しく思っていました。正直、私はWinterよりもAutumnの方が好みだった。でも、決してWinterが悪かったわけではなく、良い本です。 Winter was a great book, describing the sentiment of politics and the current mood of the UK very very well. Also, the story is set during the Christmas Holiday season. Reading this reminds me of my own experience, very depressing dark, grey weather and homey feeling, spending time with British family (my fiance’s family) for Christmas. Winterは、イギリスの政治や近年の様子を本当によく描いているのがすばらしかった。物語の舞台はクリスマスなので、私が過ごしたロンドンの薄暗くて、でもあたたかいイギリスの家族(フィアンセの家族)と過ごしたクリスマスを思い出しながら読むことができました。 However, the middle…

Share:

De Revolutionibus @ Krakow, Poland * クラクフのシックでおしゃれなブックカフェ

Krakow was a city of the bookshop. I found a small local bookshop in every corner of the street. It was usually full of locals, spending time choosing a book to take home with. クラクフは、まるで本屋さんの街。街を歩いていると、たくさんの小さなローカルの本屋さんを見つけました。しかもどこも、本を熱心に選ぶローカルたちでいっぱい。決して空っぽの本屋さん、という様子をみかけなかったのがすごい。 As a book lover, I really wanted to have that bookish experience spending time at a local bookshop. The trouble was that it was very hard to find English books there. Instead, I enjoyed having nice coffee inside the bookshop, surrounded by full of polish books, and book-loving Polish locals. 本が大好きな私。私も、そんなローカルたちと一緒に本を選ぶような経験がしたかったのですが、もちろんポーランド語はわからないし、英語の本を取り扱う書店も少なかった。だから、お散歩中にこのブックカフェを発見したときは本当にうれしかった!本に囲まれながら、読書や仕事をするローカルたちに混ざって、コーヒーが飲める、ステキでした。 I found De Revolutionibus just near where I stayed. It’s rather modern styled decor reminded me of Foyles in London. このDe Revolutionibus 、私が泊まっていたミニホテルのすぐ近くにありました。モダンなインテリアは、ロンドンのFoylesを思い出します。 Generally…

Share:

Cukiernia Michałek @ Krakow, Poland * ポーランド名物のローズジャム・ドーナッツ、ポンチュキ

When I travel around, I always try to eat some local cuisine. Pączki was the one I was very eager to try in Poland. It’s a doughnut filled with rose jam. 旅先では、ローカルフードにチャレンジするように心がけています。「ポンチュキ」はポーランドで絶対に食べてみたかったもの、ローズジャムが入ったドーナッツです! I was searching for the best place to get one and came across with this ranking of 2017 (written in Polish), which lists all the popular Pączki shops. This pastry shop in Krakow, Cukiernia Michałek was ranked number one! どこでポンチュキを買えるのか、たくさんリサーチしてみたところ、こちらの2017年のランキングを発見。ポーランド語で書かれているので、記事が読めたわけではありませんが、どうやら人気のポンチュキ屋さんがリストされている様子。1位のCukiernia Michałek がクラクフにあるとのことだったので、行ってみることにしました!   I went there in the morning to find many locals queueing for a variety of pastries. 朝一で行ってみると、パンやケーキを求めて列をつくるローカルの方の姿。 All written in Polish, no English speaking staff available. I was not so sure what I am getting, but I…

Share:

St. Mary’s Church @ Krakow, Poland * ポーランドの古都クラクフの、豪華絢爛で美しい教会

The reason why I wanted to visit Krakow so much was to see this beautiful church. クラクフに行きたかった理由、それはこの美しい教会を見てみたかったから。 It is the landmark of Krakow, located at the main plaza. The tall Gothic architecture itself was beautiful, but the inside was more than you could imagine. クラクフのランドマークでもある聖マリア教会は、メインの広場に面して建っています。にょきっと、大きな建物です。外観のゴシック建築もとてもステキですが、中はもう息をのむほど美しい。 The contrast of very noble blue and the classical stone colour was breathtakingly beautiful. I have visited countless numbers of the church in Europe. I would not say everything looks the same, but more or less they have the similar atmosphere. However, visiting St. Mary’s Church in Krakow was very unique experience. It was gorgeous!!!!! 青と壁の色とゴールド。そのコントラストが豪華絢爛で、すごくきれい。ヨーロッパの教会には数多く訪れたことがあります。どれも似通っている…とまでは言いませんが、教会はどこか雰囲気が似たものが多い。でもこの教会はこの鮮やかな色合いがとても特徴的。 The wodden altarpiece was magnificent! 木製の祭壇画は、とっても装飾が細かくて、素晴らしかった! I liked the…

Share:

(Book Review / 感想) The Tobacconist / Robert Seethaler

Very quiet yet powerful book. 静かで、でもとても力強い本です。 The story is set in a very dark time of the history when Nazism shadows all the brightness of the daily life. The book makes the reader experience this era with the main character Franz. It was very vivid as if I am actually there, feeling textures, smells and sounds. ナチスが勢力を増していく日々を描いたこの物語、読み手が、まるで主人公のフランツと共に街を歩いているかのような臨場感がある本です。手触りや匂い、音までもがリアルに感じられる読書体験でした。 Franz is a teenager who started working at the tobacconist in Vienna. I really liked the descriptions of the tobacconist and the relationships with the owner and the customers. ウィーンのキオスクで働き始めるティーンエイジャーの男の子、フランツが主人公です。キオスクの風景や、オーナーとお客さんの関係性の描写がとてもステキでした。 It was such a sad and beautiful book. It made me think of how your every day is precious and how gradually it…

Share:

Dulwich Picture Gallery @ London * ロンドン郊外の美術館でレンブラントを

ロンドンの美術館と言えば、やはりNational GalleryやTate Modernを挙げる人が多い。大きくて、見ごたえがあって。ツアーでもよくルートに含まれているので、有名なゴッホのひまわりやモネを写真に収めた人も多いでしょう。 Speaking of the museum in London, people imagine the big ones such as National Gallery and Tate Modern. These are the ones included in the packaged tours as well. So many of my readers must have taken photos of famous Van Gough and Monet. ロンドン中心部で私が一番好きなのは今のところ「The Courtauld Gallery」なのだけれど、ロンドン郊外でステキだったのはここ、Dulwich Picture Galleryです。 My favourite in Central London so far is The Courtauld Gallery . In Suburban London, I loved this Dulwich Picture Gallery! 電車でロンドン中心から20分くらい、駅からは少し歩きます。近くにはキャンパスがステキなDulwich Collegeもあるので、駅からの道のりも景色がとてもきれい。私が行った日は冬でしかもしっかり雨。それでも駅からの道のりは楽しかったです。 It took about 20 mins by train from Central London and a short walk from the station. There was the pretty campus of Dulwich College. Despite the typical London winter weather, the scenery on the way to…

Share:

BAO @ London * ロンドンのモダンな台湾料理店で最高の角煮まんを味わう

If you fancy something tasty and fun, BAO bun is the best place 🙂 ロンドンで、何かおいしいものを、わいわい食べたいなら。絶対、BAOがおすすめです。 BAO is a very modern Taiwanese restaurant serving delicious buns. モダンな台湾料理店のBAO、店名にもなっているバン(包)と呼ばれる角煮まんのような料理が人気です。 It’s always busy, and a little bit pricey, but worth going. 人気店なのでいつも混んでいますし、お値段も少々お高めですが、それでも心からオススメできます。 Every dish they serve is quite a small portion, so it is better to order many to fill the table. どのメニューも基本的には小皿サイズ。テーブルの隙間を埋めるような気持ちで、たくさん注文しながら様々な味を楽しむのが一番です。 The bun I ordered this time was ‘classic bao.’ Melting pork in the fluffy white bun and peanut powder on top… tasted sooooo good. 私が注文したのは「クラシック・バン」。とろけるようにおいしい角煮と、ふわふわのバン。トッピングされたピーナッツの風味も最高! Everything I had there was very tasty. If I had an unlimited budget, I would go there every weekend to enjoy every bun they have! どの小皿も満足のできるお味。もし、私がもう少しリッチだったら、ここで毎週末ゴハン食べたいなぁなんて、思ってしまいました。台湾料理の味はほっこりできて癒されますね。…

Share:

Looking for Something?